自動車 売却

中古車査定で査定士がチェックすること

自動車の査定では、チェックの方法がマニュアル化されています。
買取業者ごとに、独自に作成しているケースもあるでしょう。

 

(財)日本自動車査定協会では「初めての査定」という査定の基礎知識をまとめた資料を作成しています。
この資料から抜粋した、実際の査定のチェック項目を整理してみます。

 

どの部分を、どのように見ているのか。
このことを理解しておくことで、自動車を売却する前に何をすべきかが見えてきます。

 

カーチェックシート

査定士は、見本のようなカーチェックシートの項目を埋めていくことで適正な中古車査定を行います。
そのために、順番にモレがないようにチェックしていく必要があります。

 

 

まず、書類の確認

参考資料「初めての査定」では、書類は情報の宝庫です!と書かれています。

 

  • 自動車検査証(車検証)
  • 整備手帳(メンテナンスノート)
  • 保証書
  • 取扱説明書
  • 自動車リサイクル券
  • 定期点検整備記録簿
  • 自賠責保険証

 

これらの記載内容を確認し、自動車の基本情報をチェックシートに転記します。
(財)日本自動車査定協会が発表する中古車の基準価格は、車名ではなく型式名です。
型式指定番号を把握することは、中古車査定の基本中の基本です。

 

車両確認の手順

書類の確認が終わると、いよいよ実車の確認です。
見落としがないように、以下の順番で確認していきます。
査定士がどこを見ているのか、箇条書きに整理してみます。

 

@ 車の外周を一周して確認
  • 車両の傾き
  • 車高
  • ナンバープレートの変形
  • パネルの隙間
  • 塗色の異常(色変わり・色むら)
  • 違法改造

 

A 室内・装備品の確認
  • シート・各内張・マットの状態(汚れや破損など)
  • 走行キロ数の確認
  • エンジンを始動して装備品の作動状態を確認

 

走行キロ数は、最重要項目です。
メーターの改ざんがないかなどもチェックします(ないとは思いますが)

 

B エンジンルームの確認
  • 車体番号の確認
  • 冷却水・オイルの量及び汚れの確認
  • 修復歴の確認

 

修復歴は、最重要項目です。
フレームの塗色・溶接跡・取付ボルトの状態などを比較して判断します。
チェックシートには問診の有無という項目がありますので、質問されたら正直に答えましょう。

 

C 外観(前面)の確認
  • フロントガラスの状態
  • ナンバープレートの確認
  • パネルの傷・凹みなどの確認
  • 下回りの確認
  • 各レンズの状態

 

フロントガラスは、ワイパー傷・飛び石傷や割れの有無・修理跡をチェックします。
下回りはバンパーのほか、各メンバー・アーム類をチェックします。

 

D 外観(両側面)の確認
  • パネルの傷・凹みなどの確認
  • ドアを開け、部品の交換跡や修復歴の確認
  • ネームプレートの確認
  • タイヤサイズと残り溝の深さをチェック

 


     引用:(財)日本自動車査定協会

右の写真がネームプレートの見本です。
記載項目から車体番号や塗色が確認できます。
ボディカラーは最重要項目ですから、記載のカラーコードで特定します。
各メーカーごとに書式は異なりますが、ネームプレートからはいろいろな情報を確認することができます。(写真はトヨタの例)

 

 

E 外観(後面)の確認
  • ナンバープレート封印の確認
  • パネルの傷・凹みなどの確認
  • 下回りの確認(前面と同様)
  • 各レンズの状態

 

F トランクルームの確認
  • 修復歴の確認
  • スペアタイヤの確認

 

G ルーフの確認
  • 各面から状態をチェック

 

車両の状態の何を見ているか

査定士がチェックシートに記入する記号があります。

 

記号 状態
A 傷 (塗装面だけのダメージ:要塗装)
U 凹み (下地鋼板までのダメージ:要板金+塗装)
B 曲がり
W 波状の修理跡
S サビ
C 腐食
T 亀裂
H 不要な穴
X 要交換部品
P 塗装の変色・退色
M 交換跡
L 文字書き

 

このような項目と、程度による減点点数をチェックシートに記入します。

 

以上のように査定士は、かなり細かく自動車の状態をチェックすることがわかると思います。
さらにいえることは、今となっては手遅れという項目があるということです。

 

  • 走行距離
  • 修復歴
  • 整備履歴
  • タイヤの残り溝深さ
  • 費用がかかってしまう傷や凹み

 

これらは一例にすぎませんが、車を売る段階でどうこうできることではありません。
査定士に好印象をもってもらうためには、最低限洗車や整理整頓はしておくべきです。
「大切に乗られてきた車」という印象を与えますし、車内が整理されていれば査定もしやすいです。
査定士の心証というのも、実は高額査定のポイントです。

 

車を高く売却するなら

ズバット車買取比較の
【無料一括査定】がオススメ

その理由は
  • 最大10社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 1回だけのカンタン入力!
  • 事故車・不動車にも対応

査定申込みはコチラ  ズバット車買取比較

高額査定のポイントはコチラ


 コチラのフォームからもズバット車買取比較の査定申込みができます







自動車の査定士がチェックするポイント関連ページ

自動車を売却する時期
自動車を売却したい場合、買取相場が高くなる時期があるのでしょうか。車を売る最適なタイミングについての情報を集めてみました。
査定一括申込みの評判
中古車査定一括申込みサービスを申込んで、実際に複数業者の査定を受けたユーザーの評判をまとめています。