自動車 売却

ディーラーでの下取りのメリット・デメリット

新車を購入する場合、現在使用している自動車を下取りに出すことが多いですね。

 

新車の見積書には、下取り車の項目があります。
なので、下取りに出すのが当たり前と思ってしまっても仕方ありません。

 

ケースバイケースですが、下取りのほうが有利な場合とそうでない場合があります。

 

ディーラーでの下取りのメリット・デメリットをまとめてみます。

 

ディーラー下取りのメリット

ディーラーに下取りしてもらうメリットは、次の車の納車まで乗ることができることです。
新しい自動車が納品されれば、その後の書類手続きなどは契約時におりこみ済みです。
ワンストップで完結してしまう手離れの良さがメリットといえます。

 

新車購入時の交渉で、値引の手段に使えるというメリットもあります。
現金値引きがいっぱいでも、下取りを高くしてもらうことで実質値引きになるケースがあります。

 

ただ、逆のケースもありますので注意したいところです。

 

デーラー下取りのデメリット

ディーラー下取りのデメリットは、そもそも下取りの最高価格がいくらなのか不透明なことです。
新車の契約交渉の中で提示されますので、値引と下取り・オプション値引などがゴッチャになります。
純粋な下取り部分の限界がいくらなのかわかりずらいです。

 

もうひとつは、ディーラーは一般的に中古車の扱いが得意とはいえません。
下取りした車の処分は、ほかの専門業者や系列中古車ショップなどに委託します。
その分の中間コストは、下取り価格をおさえることで吸収する必要があります。

 

低年式の自動車の場合は、廃車費用の負担を求められることすら珍しくありません。
廃車するにしても、自動車にはまだ価値が残っているにもかかわらずです。

 

こうしたデメリットを回避するには、中古車買取専門店の査定価格と比較するのがおすすめです。
最終的にいくら払うかを検討すれば、どちらがお得かはっきりします。

 

中古車買取専門店の最高値の確認には、ズバット車買取比較の一括査定申込みが便利です。
有名買取業者最大10社に無料査定の一括申込みができます。

 

最高値を今すぐ確認  ズバット車買取比較はコチラ

車を高く売却するなら

ズバット車買取比較の
【無料一括査定】がオススメ

その理由は
  • 最大10社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 1回だけのカンタン入力!
  • 事故車・不動車にも対応

査定申込みはコチラ  ズバット車買取比較

高額査定のポイントはコチラ


 コチラのフォームからもズバット車買取比較の査定申込みができます







ディーラーでの下取りのメリット・デメリット関連ページ

中古車買取専門業者
中古車買取専門業者に自動車を売却する場合のメリット・デメリットについてまとめました。
個人売買
個人売買で自動車を売却するケースの問題を、主にデメリットについてまとめています。
オークション
自動車をオークションに出品して売却する場合の注意点を、主にデメリットからまとめてみました。